ホーム > ビジネス&起業の総合サイト > ビジネス > アイデア > 商売を始めたい!独立出店したい!(アンケートから集まったビジネスアイデア)

商売を始めたい!独立出店したい!(アンケートから集まったビジネスアイデア)

2016.5.18
ビジネスアイデア 独立 起業

FF
転職するか、、起業するかの選択は30歳ごろから持っている方が多いようですね。起業のする際のビジネスアイデアがwebアンケートから集まりました!

■起業時、独立時の店舗物件のご相談は倉沢涼子まで

Aさん

独立することを考えたとき、わたしは美容関係の仕事をしたいとおもいました。美容の中でも、特にフェイシャルエステで独立したいです。女性が美容に関心があるのは昔からですが、近年では男性も美容に気をつかうようになりました。ちゃんと洗顔料で顔を洗ったり、洗顔後には化粧水を塗る習慣も普通になっています。

男性用の美容化粧品もあるくらいです。ですが、まだまだケアが行き届いていないのも事実です。顔を洗う際にゴシゴシ擦ったり、洗顔料を泡立てずに顔に直接塗りつけたりと、女性から見たら信じられないことを平気でしています。正しい情報を得る機会も少ないでしょうし、そうやってケアしていることを「女々しい」と思っている男性もたくさんいます。

ですが、身だしなみを整えることは社会人として当たり前ですし、自分を瞬時に印象づける顔をケアするのは当たり前だと思います。わたし自身、顔には自信がありません。肌も綺麗ではありません。もう少し肌が綺麗だったら、きっと自信を持って取り組むことができるのにと思う場面が、たくさんあります。同じように、自分の容姿に自信が持てず俯いている人の助けになれば良いと考えています。男性にも自信を身につけてほしいし、女性ももっと輝けるようなお手伝いをしたいです。そのために、出張フェイシャルエステのマンツーマンで接客をしたいと思っています。

自分の他に誰もいない状況であれば、悩みも聞きやすいですし、店舗を構える費用も要らないので初期費用が安く済むのも魅力です。

Wさん

超高齢化に伴い、元気なお年寄り、また定年を迎えてもまだまだ元気で見た目も若く、生き生きしているシニア世代の方が多く見受けられます。平日の日中、バスに乗ると、席を譲りたい方がいっぱいおられ、もはや若い人は座席に座ることは不可能なくらいの状況が広がっており、超高齢化を日々目の当たりにしています。そんな中、元気で健康な体を持て余している方が増えているように感じます。

仕事をリタイアすると、一気に行き場がなくなる方も多いのではないでしょうか。そんな元気なシニア世代の方々が、希望を持って生活できるような手助けとなるポピュラーな教室があったらいいと思います。カルチャーセンターや地域の交流場所など増えてきているように感じますが、まだまだビジネスチャンスがあるように感じます。例えば、子どもたち対象には全国的に音楽教室や学習施設が展開しています。

また主婦層を対象にした手ごろなフィットネスなども見られますが、男性対象のものは少ないように感じます。定年後は、あそこに通いながら社会とつながっていこう、と思えるようなポピュラーな大人の教室、社交場がまだ確立していないように感じます。全国展開している子どもの学習施設のようなスペース、立地でのイメージがあります。早朝から平日の日中をメインに、グループで集まれる教室、または静かに取り組みたい人にも対応して個人レッスンなどを展開して、イベントや交流できる時間を設け人が常に集まっているような環境が作れたらと思います。

そういった意味では、子どもが利用していない時間の学習施設を違った用途で利用できるといいと思います。

Aさん

わたしが起業するなら、飲食業です。特に、カフェの経営をしたいと考えています。現在、コンビニカフェなど格安で飲めるものが流行っていますし、メーカーでも有名な老舗のお茶屋とコラボしたものがあります。

そういう手軽さももちろん大切ですが、わたしが目指しているのは本格的なカフェを手軽に味わえるお店です。お店と言いましたが、店舗を構えるわけではありません。移動販売車で各地を回るカフェにしたいです。わたしが移動販売にこだわるのは、過疎地域が増えていることが要因です。過疎地域には店がなく、住人も少ないです。ですが、そこに住んでいる人たちが求めてくれるなら、本格的で美味しいものを味わってもらいたいと考えています。

飲んだり食べたりする空間は、人を和ませますし、食事は活力にも繋がります。たった一杯のコーヒーであっても、それを楽しみにしてくれる人がいれば、どこにでも行きたいと思っています。わたしの実家があるところも田舎でした。高齢者しかいない村ですが、お茶の時間になると友達と集まって、あれやこれやお喋りするんです。それがとってもイキイキしていて、楽しそうでした。日本各地には、過疎地域がたくさんあります。そういうところを回って、少しでも楽しんでもらえる時間を与えることが出来たら最高です。

店舗がないぶん、広い場所があればそのすべてをカフェにすることができます。こども頃、移動サーカスが来るのが楽しみだったように、わたしの青空カフェを楽しみに待ってくれる人がいたら嬉しいです。

Rさん

会員制の図書館ビジネスをやります。厳密な損益分岐点を計算したことはないので、1カ月あたりの利用料金を提示することはできませんが、1カ月あたり1500円から2500円が理想料金だと思います。お酒を除く飲み物のみ持ち込み自由にして、ソファ席を図書館の至るところに配置して、好きなだけ本を読んでいただくことができるビジネスです。

図書館ですので、貸し出しも可能です。私がこのビジネスを思いついた理由は、書店で売られている本は価格が高すぎて、購入意欲が湧かないという方に対してビジネスのニーズがあると考えたからです。そのため、新刊本や流行本から、希少な高価格本まで幅広く本を揃えた有料の図書館を設置すれば、1冊ずつ本を購入するよりは割安の値段で本を読むことができて、自治体が運営している図書館よりも幅広いジャンルの本を読むこともできるというメリットを顧客に提供できると考えたのです。

売上のメインは、月額利用料金です。支出のメインは、家賃と本の仕入れ値と著作権料の支払いとなります。図書館ビジネスの場合は、著作権使用料が発生します。このビジネスをやる場合は、ビジネスマンやOLを集客しやすい場所が必要だと思いますので、丸の内、新橋、青山、赤坂、渋谷などの駅前立地を探す必要があると思います。

想定家賃についてですが、場所とオフィスビルの面積にもよりますが、月額5000万円を考えています。本の品ぞろえと、月額利用料金と図書館の空間づくりの3点を間違えなければ、損益分岐点を超えるビジネスとなると思います。

Oさん

もし自分に財政的な基盤があるとしたら、フラワーショップ兼ブックショップ兼カウンセリング・セラピールームのような場所を運営できれば良いなと思います。場所は都内23区内の人口が密集している処ではなくて、できれば緑の豊かな自然に囲まれた地域、これは単なるイメージですが、東京では奥多摩や山梨県。その仕事を選んだ理由は、自身が花が好きであること、人間関係に少し疲れたなと感じても、花を眺めていると気持ちが慰められ、回復するから。

「本」についても同様です。そして、その『場所」』は年齢を問わず、人々が素直な本来の気持ちになれるスペースであると良いなと思います。

カウンセリング・ルームについては、現代の社会生活を送るうえで皆、多かれ少なかれ何等かのストレスを抱えてしまっていると思うので、それを癒すというか、少しでも回復のお手伝いが出来得る場を提供する、ということで複数のセラピストの方にセッションルームとして「場所」を提供できればと思います。しかし、実際に「起業」するとなると、ベースとなる資金やフラワーショップを経営するに当たっては、花屋・書店での就業経験や免許(仕入や販売の)も必要で、また採算が取れる事業であるのか?ということも考慮しなくてはならず、現段階では、こういうことができたらよいな「夢」に近いものになります。

家賃は月6万円程度であれば可能かなと思います。最後に、その「場所」は高齢者の方も集える、そこに行けば自分の「存在」のようなものが認められる、ほっとする、という場でもあるとよいなと思います。

Mさん

わたしがやりたい職種は、おいしい野菜をつかった食堂をしたいです!!どうしてかというと、料理がすきってのもありますが、おいしい野菜を使った料理を食べてもらいたいです!!

野菜中心でして、お肉や魚は使わない。野菜のおいしさをそのまま伝えれるような料理をしてみたい。やるとしたら渋谷駅かな。どこでしたいとかわかりません。田舎でするのもありかな?田舎で自然豊かで空気がおいしいところでやるともいいかもしれない。身体も心もリフレッシュできるかな?とりあえずどんなとこでもいいです。

ただただ野菜のおいしさを伝えたい。だからそれをできるところならどこでもいいです。若い方に野菜中心の料理を食べてもらいたい。老若男女の方に食べてもらいたいけれど、子供や若い方ってそんな野菜ばっかり食べませんよね?野菜だけの料理をだしたらどんな感じになるかも気になります。わたしは田舎に産まれ育ったから野菜だいすきです。四季折々の季節の野菜を食べてもらいたい。都会では味わえない野菜たちをたべれるような店をいつかしたい。ほとに実現してみたいです!!おいしいお米においしい野菜たちを使って料理を振る舞いたいです。

家賃は古民家風の平屋建てで、20000円から30000円がいいです。東京の方では家賃がどのくらいなのかわからないですが…わたしが住んでるところだったらいくらでもあるんですけどね。レストランみたいなところよりお家みたいな感じのところがいいです。

Mさん

現実的な仕事ではないかもしれませんがあったらいいなと思う仕事は私は髪の毛を触られるのがすきで髪の毛をクシでといてもらったり触られるのが落ち着きます。耳かきのお店があるならこんなお店もあってもいいんじゃないかなって思います。怪しい感じのお店にはしたくないので男女誰でも利用は出来るようにはしたいけど個室とかではなくて働いてる子もお客さんも安心してこれる店内にしたいです。

場所としてはやはり都会がいいと思います。なので私の地元で考えるなら名古屋駅周辺や栄駅周辺などがいいのかなとか思っています。栄は大須商店街などあって人も多いですし観光のお客さんも多いですからその辺りでお店が出せるといいと思います。想定家賃というのはよくわかりませんけど1回の料金などはある程度考えています。

気軽に体験して欲しいので30分1,500円とか最大1時間ちょっとを考えています。接客中もお話が好きならお話しながら、お話がいやなら音楽などを流して無言の接客もありだと私は思います。お客さんに喜んでもらいたいので無理にお話しなきゃと思うと中々行きたくてもこれなくなったりするのが嫌なので一人一人合わせた接客したいと思います。私も実際美容院などは苦手です。無言じゃダメな気がしますし。美容員の人も色々気を使ってるのが分かりますし。

そういうものはなくしたいなと感じています。お店の内装は落ち着きやすいアジアンテイストなお店にしたいなとか色々考えてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アンケート調査
  • 0
  • 0
  • 1