ホーム > ビジネス&起業の総合サイト > ビジネス > ビジネスモデル > 起業や独立、飲食店のメニューまで!コピーライティングの大切さ

起業や独立、飲食店のメニューまで!コピーライティングの大切さ

2016.3.3
コピーライティング ビジネスアイデア ビジネス思考 ビジネス用語

fff

最近、インターネット上の広告等でコピーライティングという言葉をたくさん目にするようになりました。その広告の先にはコピーライティングについて書いてある本や教材、マーケティングのノウハウ本などが待ち構えています。コピーライティングのスキルを身に付けるとコミュニケーション能力が向上し、仕事の面や人間関係の面で遺憾なく効果を発揮するでしょう。身に付けて損は無いスキルだと思います。

かく言う私もネットサーフィンをしていた時にコピーライティングについて書かれた本に出会い、いくつかの教材を購入し、今ではそれらの教材で得たコピーライティングのスキルを使って仕事をしている、いわゆる「セールスコピーライター」です。ありがたいことに、最近になってようやくボチボチとお金が入ってくるようになりました。

そして今でもコピーライティングやそれに付随するスキルのセミナーや勉強会に参加し、スキルの更なる向上に努めています。そんな私が、コピーライティングをリアルなビジネスで使う上で大切だと思うことが三つあるので、今この文章をお読みのあなたにお教えしようと思います。

ライティングだけではダメ

えっ、いきなり否定なの!?そう思われた方、まあまあ続きをお読みください。
僕はコピーライティングというスキル“だけで”お金を稼ぐということは、正直難しいと思います。なぜなら、コピーライティングのスキルは、それを活かす土壌が無いと意味が無いからです。

例えば、あなたが携帯電話を売るためのコピーを書きました。一生懸命に書きました。
しかし、あなたはそのコピーを「誰に」「いつ」「どうやって」見せるのかわかっていますか?せっかく書いたコピーも「披露する場」が無いと意味がありません。これが「コピーライティングだけではダメ」という意味です。

書いたコピーを「披露する場」を作らなくてはいけません。それを作るために必要なのが「ダイレクト・レスポンス・マーケティング(以下DRM)」のスキルなのです。DRMとはコピーを見たり読んだりした人に「直接反応」をしてもらうためのマーケティングです。DRMはコピーライティングのスキルを活かす最適な土壌なのです。DRMを理解して実践しなければ、あなたの書いたコピーは活きないのです。

自分を知る

「自分を知る」なんて、少し胡散臭い感じですが大丈夫です、霊感商法ではありません(笑)
人にはさまざまな「タイプ」があります。それは「感情」や「思考」のことです。よく言われるのが、「右脳」と「左脳」という分け方です。

仮に右脳タイプの人が何らかのコピーを書いたら、そのコピーには右脳タイプの感情だったり思考だったりが反映してしまうのです。そしてそれは同じ右脳タイプの人の共感は得やすいのですが、左脳タイプの人の共感は得にくいのです。つまり、自分とは違うタイプの人にも共感してもらう必要があるのです。

なので、自分がどういうタイプなのか、どういった人間なのかということを理解することが大切なのです。
自分がどういうタイプか知った上で、自分とは違うタイプの人にも共感を得られるようなコピーを書かなくてはなりません。

コピーの質は量でしか担保できない

いくらコピーやDRMの勉強をしても、実際にコピーを書いていないと良いコピーを書くことはできません。仮に書けたとしてもクオリティの高くない文章ができてしまいます。だからコピーを書く「練習」をしなければなりません。

まずは、良いと言われているコピーを写経することです。この場合の良いコピーとは、たくさん物を売ったりサービスを提供してきたコピーのことです。

そして、実際にコピーを書いてみましょう。もし、あなたがもう既に何か売る物やサービスをお持ちなら、それらについてのコピーを書きましょう。そういった物がなければ、そういった物を持っている人に頼んでコピーを書かせてもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アンケート調査
  • 0
  • 0
  • 1