ホーム > ビジネス&起業の総合サイト > 市場調査 > レビュー > シェアビジネス(UBER、AIRbnb)についての市場意見

シェアビジネス(UBER、AIRbnb)についての市場意見

2016.2.1
クラウドワークス シェアビジネス 市場調査 AIRBNB UBER WEBアンケート

nn

少子高齢化と外国人観光客の増大によりシェアビジネスへの関心は高まっていますが積極論と消極論は混在するのが実態の様ですね。そこで生の声を知るためにwebアンケートで市場調査を実施してみました!
※民泊やairbnbのご相談はわくわく不動産・倉沢涼子まで

UBER大歓迎! Nさん寄稿

Uberをはじめとするライドビジネスが台頭してきていますが私は実に望ましい傾向だと思います。今までタクシー業界というのは規制でがんじがらめにされてきた業界で監督官庁のおもちゃにされてきただけで、決して顧客サイドに立ったビジネスモデルとはいいがたい業界でした。しかしながら、Uberのように世界的企業がいよいよ日本にも乗り込んできて風穴を開けてくれようとしていますので、タクシー料金にも価格破壊が起こるでしょうし、何より安心して深夜でもUberか提携しているタクシー会社を利用できます。過去にも変なタクシーに深夜乗ってしまって支払いで恫喝された経験のあるものとしてはこれは画期的なシステムだと思います。さらにライドシェアの観点からも何人乗ってもそれぞれがタクシー料金をそこでいちいち相談しながら現金を用意する必要なく、スマホで簡単にシェアできるシステムは本当にありがたいシステムだと思います。とにかくUberなどに登録してスマホさえ所有しておけば、深夜帯だけでなく、世界の大きな都市でUberが活躍している場所なら安心して利用できるのは本当にウェルカムです。

地方や雪国ではUBER使えるのかな? Kさん寄稿

よく町で駅前で暇そうにしているタクシーのおじさんを見かけますが、こういったライドシェアサービスが普及していくことで効率化が図れると感じます。ドライバーも必要な時に必要なだけ仕事をすることが出来ますし、お客にとってもドライバーの待機分の料金が削減することが出来て安く乗ることが出来ると思います。また、料金についてもタクシーの場合だといくらかかるのか不安な時がありますが、Ubarなどのように前もって料金の見積もりがわかることや割り勘が出来ることは非常に画期的なサービスだと感じます。タクシーを利用するときは緊急のことが多いので、事前にクレジットカードを登録しておくことでキャッシュレスで利用が出来るというのも需要があります。ただ、東京などの首都圏であれば問題はないかと思いますが、今後サービスが広まっていった際に北海道や東北の雪国では雪による遅延や道路状態の悪さなどの考慮はどうなっていくのか気になります。

私はシェアは怖いです Mさん寄稿

ライドシェアを利用したことはまだありません。メディアによって実際よりも有名になって『みんなが利用している』と思わされている部分がある気がするからです。タクシーなどをもともと利用する回数が多い人たちは、そのサークルの中で実際に利用した人の意見を直接聞くことが出来るので自分が試すというハードルも下がるかと思いますが、小さな子供を育児中の専業主婦でタクシーなどを利用するのは旅行か具合が悪くなったときのみという私のようなケースではまだハードルが高すぎて試すことが出来ません。uberとタクシー業界がもめているなどのニュースを見ることもあり、正直一歩を踏み出す勇気は出ませんし、uber運転手の身元が不透明な部分がやはり大きく気にかかるところです。またタクシー乗車中に事故に合えば保険は適用されるでしょうが、ライドシェアなどではどうなるのかというのも大きく気になるところです。うやむやに口頭でやり取りをして、その後に後遺症が出て健康に影響が出たりなどのケースも考えてしまいます。自分の周りの人、同じような子連れの人が実際に使っている話を直接聞いてからしか私は試せないなあというのが本音です。

自分も配車側をやってみたい Cさん寄稿

日本ではまだ馴染みがなく使用したことはないのですが大変興味があります。たとえば電車で旅行をした場合には現地での行動範囲はどうしても限られてしまいます。ちょっと離れた所へ行くのにタクシーを呼ぶにしても来てもらうまで待つ時間がもったいないと感じます。その点uberなどが普及していれば目の前を走っている車に目的にまで乗せていってもらうことも可能なので便利だと思います。料金が安く手軽に利用できる位に普及すればとても魅力的なサービスだと思います。また私自身も車の運転をするのですが1人で乗っている時などはもったいないと感じ、「目的地があう人がいれば乗せてあげてもいいのにな」とふと思ったりします。現状では規制や安全性の問題があると思いますが自分が旅行した時には利用する側になり、地元では自分が乗せてあげる側になるなどシェアできれば自分の行動範囲が広がるし、自分の車も有効活用できるし、楽しいんじゃないかなと思います。

TRYしてみたい Mさん寄稿

ネットから利用できるシェアビジネスはまだあまり普及していないような感じがするのですが、実際に利用してみることで私達にとってはとても便利なサービスだと思います。スマホから申し込んで配車されるのを待つだけですぐに車が来てくれるし、到着までの時間や運転手の顔も分かりとても安心して利用することができます。スマホから決済することが可能なので、現金を持たなくても利用できますし、大人数での利用にも対応している点がとても良いと思います。車も内装など高級感を味わえるようになっているようです。ライドシェアのビジネスによってサービスがさらに向上されることはとてもメリットが大きいと思います。これから地方にもライドシェアのサービスが少しずつ広まっていけば良いと思っています。ネット以外では私達にあまり情報が伝わってこないので、より詳しいサービス内容を知るためにも色々な情報が欲しいと思いました。まだ実際に利用したことがないので、ぜひ一度利用してみたいと思っています。

時代には合っているかもでも、、ルールは? Kさん寄稿

意外にかかってしまう交通費。相乗りをすることで、交通費を節約できるのはとても嬉しいですよね。車を持っていれば、登録することで、誰でも簡単に配車サービスができる「ライドシェア」は、ドライバーと利用者の双方のマナーがとても大切です。ドライバーは運転にかかった実費以外の費用を請求(白タク行為)しないことや、利用者側は、連絡を密にとることや、禁煙車か喫煙車、チャイルドシートの有無の事前確認が大切です。ただでさえ、タクシーの利用者数が減っている現代、このライドシェアはタクシー業界がら大きな波紋をよびました。タクシーを利用する人と、ライドシェアをする人で住み分けができればいいのですが、今後どうなっていくのでしょう?身元確認がきちんとされていて、信頼性の高いタクシーは、緑ナンバーで安心して利用することができます。ライドシェアは一歩間違えれば、連れ去りや白タク行為などの犯罪になり得る可能性があることは否めないと思っています。とはいえ、バスやタクシーなど移動手段が少ない地域ではとてもありがたいビジネスです。なんでもシェアをする時代。時代にあったサービスなのかもしれません。これからどんどん広がっていくビジネスだと思います。

安全面重視で! Hさん寄稿

uberについてはこの作業依頼を見て初めて知りました。私がタクシーを利用しないこともありますが、日本ではあまり浸透していないのかな、と思いました。確かに、普段乗車する機会のない高級車に乗ることができたり、現金いらずで支払いができたりと、魅力的な部分も多いです。しかし、タクシーを利用する際は飲み会のときなどかなり限られていますし、そのような日常生活の一コマに贅沢を取り入れなくても不満はありません。また、危険な事件に巻き込まれる事例も多々あるようで、まだ安心して利用することのできるサービスだとは言い難いことも、利用を敬遠する理由の一つです。このようなサービスは、観光者向けに展開する方が良いのではないか、と思いました。これからは、オリンピックもありますから、安全面を重視して整備していけば、需要は確実に上がっていくと感じました。また、私も海外に観光に行った際でしたら、利用するだろうと思いました。その場合でも一番気にするのは安全面だと思うので、やはりそちらに力を入れて展開していっていただきたいです。

世界の波に日本は逆らえないかも Hさん寄稿

Uberに限らずシェアハウスやAIRBnBなどみんなで何かを共有するというのは、世界的な流行みたいですね。地球という星の資源が枯渇しつつある現代、みんなで物を大切に使おうという精神は非常にいい事だと思います。インターネットによって世界中が情報を共有できるようになったことも、シェアを推進する原動力となったのでしょうね。Uberについても、無駄に車が多い世の中で画期的な取り組みなのではないかと思います。ただし私が懸念しているのはその運用における安全性という観点です。他人の車という密室空間に入り込む訳ですからトラブルは少なからず出るのではないかと思っています。たとえば乗車後に法外な料金を請求されたり、女性一人の客であれば性暴力的な被害にあったりなど。こういった部分を法律や自主的な運用ルールの中でどうやってなくしていくか。そういった部分が解消されていけば、今後爆発的に伸びていくサービスなのではないかと考えています。

選択肢は多い方が嬉しい Bさん寄稿

まず思うことは、タクシーは許認可制であり、運転手さんは普通免許ではなく営業用のハードルが高い運転免許を取得するなど、安全性を担保するためのさまざまな法的な整備がこれまで積み上げられてきたことです。Uberなどの参入により、これまで整備されてきたものがなし崩し的に意味を持たなくなると、公共交通の基盤のようなものが失われてしまうのではないかと危惧します。当然、消費者側としては選択肢が多いほうがうれしいですし、安い料金で移動できるようになるのはありがたいことです。同時に、インフラの崩壊につながったりしないよう、Uberなどのシェアビジネスの認可は慎重にやってもらいたいと、政府に要望したいと思います。交通が整備されていない、タクシーもないような田舎を特区に指定して、Uberのように、一般のドライバーが他人を乗せることができるようにする構想というのをニュースで見ましたが、そういうのはアリだと思いますし、是非活発に行ってもらいたいものです。

法律とニーズの調整を Mさん寄稿

Uberのサービス。私自身はまだ使った事がないのですが、話を聞く限りではかなり革新的で 便利なサービスのようですね。今まではタクシー会社が自社の車両の位置と顧客が希望する 位置をマッチングして配車していたものを、GPS搭載のスマホがありインターネットにさえ繋 がっていれば、同じような事が出来ちゃうわけですから。 このサービスについて思いつくメリット・デメリットについての個人的見解ですが、まずメリ ットとしては都市部の交通渋滞の緩和が挙げられるかと思います。都心部などでは乗車人数は 一人や二人程度の車が列をなしており、慢性的な渋滞を引き起こしています。このサービス の様なシェア乗車が一般的になれば、車の利用効率も上がり道路の渋滞も幾分解消。ひいては 税金の無駄遣いを減らすことにも繋がるのではないでしょうか。次に環境負荷の軽減です。い くら電気自動車のたぐいが増えてきたといってもまだまだ車から排出される二酸化炭素の量は 多いでしょう。車の台数が減れば、それだけ環境への負荷が下がることも期待できます。 次にデメリットですが、まず現在でも飽和状態のタクシー業界をどうするかということです。 業界を何が何でも保護せよとはいいませんが、タクシーもなくなったら困る存在。日本では 白タク行為も法律で禁じられているし、この辺りにどう折り合いをつけるかでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アンケート調査
  • 0
  • 0
  • 1