ホーム > ビジネス&起業の総合サイト > 市場調査 > レビュー > バーテンダーのイメージ調査 

バーテンダーのイメージ調査 

2016.1.19
イメージ バーテンダー 市場調査 飲食店主 WEBアンケート

666

「起業する」という方のなかで比較的多いのがこの職業「バーテンダー」ですね。バーテンダーが市場ではどのように評価されているかの市場調査を実施しました。

 
※バー出店、物件検索、独立起業のご相談はわくわく不動産倉沢まで

知識が豊富 Sさん

お酒が好きで、若い頃からバー等によく通っているというイメージです。味覚に優れ、視覚的センスもあるような気もします。接客業なので話すのは上手な人が多い気がします。自分なりの面白いエピソードや聞き上手な人も多い気がします。ビジュアル的には黒髪の人が多い気もしていて痩せ型の人が多い気もします。

その人に合わせてカクテル等つくることも多いと思うので一見して判断できる能力もある人でないとなかなか続けることはできないような気がします。また働く時間が夜遅くなる人が多いので昼夜逆転している人が大半なのではないでしょうか。多くのタイプの人と接するのでいろんな時事ネタも含め知識は豊富にもたれている人が多いようなイメージです。

料理も上手 Nさん

私が思うイメージは美男美女が多そう、雑学や知識の幅が広そう、太陽にあたる時間が少なそう、お客様とのお付き合いもありそう、人の話をよく聞いてくれそう、場の空気が読めそう、などとイメージします。

そしてお酒を作る立場としてお酒の味や技術、歴史の勉強など実際華やかな世界に見えて修行は辛く過酷そうな感じがしますし、先輩後輩などの上下関係も厳しい世界なんだろうかとも思います。

そして手先は器用で果物切ったりしているところを見ると包丁の扱いに慣れていたりたまに店によってはとても見た目もキレイで美味しいお通しも出てきたりするので料理上手なのかなと思ったりもします。

自宅にもやはりそれなりにお酒を置いたりしていたり、グラスもキュッキュッて回しながら拭いてしまうような職業病みたいな人もいるのではないかなとイメージします。

話好きなイメージ Sさん

まず接客、特にお客さんと話すのが好きな方が多いイメージがあります。バーにくるお客さんは話したい方が多いので、話を聞きつつも会話をすることが必要な為です。

また伴って様々なジャンルに興味があり知識豊富なイメージがあります。野球、サッカー等スポーツは勿論、流行の音楽グループ、芸能人や言葉などお客さんとの会話の話題から知るものも多いのかもしれません。

そしてどなたもお酒が好きでかつ強いイメージがあります。知識としては当然聞かれるから勉強してると思いますが、好きなお酒があったりプライベートでもよく飲む方が多いと思います。

お客さんから一緒に一杯と頂くこともあり、やはり強くないと仕事にならないのではと思います。

イケ面ですか? Pさん

お酒を飲むお店のお仕事なので、どうしても遊び人というイメージがあります。付き合いが軽く、誰とでも打ち明けることの出来る人が多いのではないでしょうか。どのお客さんに対しても、嫌な気分をさせないような配慮が上手そうです。

お客さんのことをすぐに忘れてしまっては商売にならないので、記憶力がいいはずです。私がバーに行ったときは、酔っぱらいのあしらいがよく出来ているなと感じました。

また、バーとは本来朝方まで開いているお店が多いので、夜に強く朝が弱い、昼夜逆転生活を送っているのではないかと思います。そのため、生活面では不健康になりがちで、あまり陽の下で歩くことが無さそうです。ここまであまりいいイメージがないように思えますが、バーテンダーの基本はイケメンだと思っています。

要領がいい Hさん

イケメンで高身長、何か他に夢を追っているか、夢破れた人がやっている職業というイメージです。俯瞰で物を見ることが得意で、人に悟られることなく常に自分自身がどう見えているか考えているのがバーテンダーだと思います。

空気を読むのが上手で、お客さんによって変幻自在に言動を変えていそうな感じがします。外見がどうのというわけではなく、女性にモテる人が人気のバーテンダーになっているという気がします。

佇まいや動きに無駄が無く、不要な言葉を発しない人が本物のバーテンダーというイメージです。お酒の種類に詳しくないと務まりませんし、臨機応変にお酒を作らないといけないので、勉強家で器用で要領が良い人がやっていると思います。お給料も普通のアルバイトなどに比べたら、かなり良いイメージがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アンケート調査
  • NO DATA
  • 0
  • 1